活動する女の子を応援するメディア

女性のための防犯|一人暮らしや夜道の一人歩きで危険を回避するために女性がやるべきこと

女性のための防犯|一人暮らしや夜道の一人歩きで危険を回避するために女性がやるべきこと

女性一人だと防犯を意識しておかないと万が一の時に対応できないという事態になる可能性があります。一言に防犯を意識しろと言われても何をしていいのかわからないという方も多いと思います。

恋バルGOALL

女性のための防犯自宅でできること

女性のための防犯自宅でできること
女性の一人暮らしの場合は、自宅に居ても襲われたり泥棒に入られる可能があります。男性に比べて女性の一人暮らしは狙われやすいです。そこで女性が簡単に家でできる防犯をご紹介いたします。

女性のための防犯自宅編1:自宅に入室する際の注意

女性のための防犯自宅編1:自宅に入室する際の注意
防犯は家に入る時から始まります。近くに人が居ないことを確認してから鍵を開けて部屋に入り、入ったらすぐにドアを締めて鍵を締めましょう。靴を脱いだりカバンを置く前にまず鍵を締めてしまうことが大切です。

これは、家に入る時を狙われて家に侵入される事件が多いからです。一緒に入られてドアに鍵を掛けられてしまうと外からの助けは期待できなくなり、か弱い女性VS大男などになると勝てないからです。

誰も居ないことを確認して中に入ってすぐに締めることで家に入る時に襲われるリスクをかなり減らすことができます。出る時もドアののぞき穴から外を見てから出るほうが良いです。

女性のための防犯自宅編2:一人暮らしであることを悟らせない

女性のための防犯自宅編2:一人暮らしであることを悟らせない
女性の一人暮らしであることを隠すのも簡単にできる防犯対策です。女性の一人暮らしは狙われやすいので隠すことで防犯対策になりますし、狙われるリスクが減ります。

男性物の服や下着を洗濯物に混ぜて干すなんて言うこともよく言われます。他にも、男性物の傘や靴をおくといった方法もあります。

他にも盲点になりやすいですが、カーテンを可愛いものにしないというのも重要です。可愛いカーテンは殆どが女性の一人暮らしです。女性の一人暮らしですと看板を掲げているようなものなので可愛いカーテンをつけるのは防犯的に良くないです。

女性のための防犯自宅編3:部屋の中を見えないようにする&戸締まりとしっかりする

女性のための防犯自宅編3:部屋の中を見えないようにする&戸締まりとしっかりする
戸締まりをしっかりするというのは防犯の基本ですが、部屋の中を見えないようにするをしている人は結構少ないです。外から丸見えにしておくとずっと覗いていると女性が一人で暮らしていることがバレるからです。

犯罪者は下見をする輩も多いです。何度も見ているうちに一人暮らしであるとバレると犯罪に巻き込まれやすくなります。カーテンやブラインドをしっかりと締めて部屋の中を見れないようにするべきなのです。

女性のための防犯夜道の一人歩きでできること

女性のための防犯夜道の一人歩きでできること
女性が一人で夜道を歩くのは防犯上あまりよくないです。しかし、仕事や付き合いなどでどうしても遅くなってしまうということがありますよね。どうしても夜道を一人で歩かないといけない場合に誰でにできる防犯をご紹介いたします。

女性のための防犯夜道の一人歩き編1:ゆっくり歩かない&電話で誰かと話す

女性のための防犯夜道の一人歩き編1:ゆっくり歩かない&電話で誰かと話す
夜道を一人で歩く場合ゆっくりダラダラと歩かずにサクサクと歩きましょう。ゆっくり歩いているとひったくりや性的暴行などの被害に合いやすいです。

また、ナンパやキャッチなどにつかまりやすくなるのでトラブルの原因になりやすいです。電話で誰かと話しているとナンパやキャッチに捕まりづらく性的暴行や強盗などにもあいづらいです。

ただし、ひったくりに会う可能性は上る可能性があります。しかし、携帯で話しながら歩く場合も人通りの多い場所やバイクなどが通りにくい場所を選ぶことで被害に遭う確率をさげることもできます。

女性のための防犯夜道の一人歩き編2:人通りの多い道を通る

女性のための防犯夜道の一人歩き編2:人通りの多い道を通る
夜道を一人歩きする場合、人通りの多い道を通る方が良いです。人があまり居ない場所は目撃者が少ないので犯罪をやりやすいです。なので、防犯を考えるとちょっと遠回りしてでも人通りの多い場所を通るべきです。

女性のための防犯夜道の一人歩き編3:泥酔して歩かない

女性のための防犯夜道の一人歩き編3:泥酔して歩かない
お酒を飲むのは良いですが、泥酔していると犯罪にあうリスクがあがります。フラフラしていると様々な犯罪の標的としてやりやすい相手と思われてしまいます。お酒を飲んでも飲まれるなと言われるようにしっかりと真っ直ぐ歩ける状態で帰るようにしましょう。

女性のための防犯自動車でできること

女性のための防犯自動車でできること
女性の乗っている車も狙われやすいです。追いかけ回されて車を止められて襲われると非常に怖いですよね。女性の自動車の防犯についてご紹介いたします。

女性のための防犯自動車編1:前後にドラレコをつける

女性のための防犯自動車編1:前後にドラレコをつける
前後にドラレコをつけておくと犯罪の抑止効果があります。犯罪者の心理として撮られていると狙いづらいです。ステッカーなども貼っておくと一瞬頭に血が登りそうになっても冷静になりやすいです。

前だけで十分という人も多いですが、今話題のあおり運転などは後ろからやってきます。だからこそ後ろにドラレコをつけるということが重要です。また、カメラだけだと気が付かれない可能性もあるのでステッカーも貼っておくべきです。

女性のための防犯自動車編2:乗車したらすぐに鍵をかける

襲われた時に鍵が空いているとドアを開けられて引きずり降ろされる可能性が高いです。なので乗車したらまず車の鍵を締めましょう。1つの動作をするだけで、車の中に入られるまでかなりの時間を稼げます。防犯的な意味でも乗車中も鍵をロックするようにしましょう。

女性のための防犯自動車編3:外から見える場所に物を置かない

車の外から見える場所に物を置くと車上荒らしに狙われる他、どういう人が乗っているかが分かる可能性があります。身分証やはがきなどで名前がバレるだけでなく持ち物などで性別や年代が特定される可能性もあります。

防犯を考えるとなるべく、見える場所にものは置かないですっきりとした車内を心がけるほうがよいです。

防犯に便利な警備会社のホームセキュリティー

防犯に便利な警備会社のホームセキュリティー
ホームセキュリティーがCMなどでも有名ですが、家だけでしょ?と思われている方が多いですよね。しかし、オプションを付ければ、本人がSOSのボタンを持ち、ボタンを押せば、押した場所の最寄りの事務所から駆けつけ警備をしてくれるサービスがあります。

また、車の盗難やトラブルに対してのサービスも実施しています。マンションでの一人暮らしの場合、自宅、車、本人と3点セットで守ってもらって月1万円程度でサービスが提供されています。

いかがだったでしょうか。狙われやすい一人暮らしの女性が気軽にできる防犯をご紹介いたしました。少し注意するだけでリスクがかなり下がるので防犯意識をもって暮らしてみてください。

【関連記事】
女性の安心安全な一人暮らし|ストーカーや犯罪被害防止に警備会社のホームセキュリティーが有効!?
なぜストーカーになったの?加害者への調査から被害を防ぐストーカー予防対策が見えてきた!?