活動する女の子を応援するメディア

脈ありと男性に勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ6つ

打ち合わせ

男性を女性から食事に誘ったら脈ありと勘違いされて面倒くさいことになってしまった。なんて経験のある女性も多いのではないでしょうか?

普通に友人や同僚として誘ったつもりだったのに楽しく話した後、告白されたり、うっかりホテルに誘われたりすると面倒くさいですよね?勘違いさせずに男性を誘うコツがあります。どうすれば脈ありと勘違いさせずに女性から食事に誘うことができるのかご紹介いたします。

恋バルGOALL

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ1:ワンクッション置いてから日程調整

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ1:ワンクッション置いてから日程調整
ご飯食べに行こうという話題が出てすぐに誘うと脈ありと思われる可能性が高いです。少し間を開けて、そういえば前に行ってたご飯行こうって話だけど◯日とか空いてる?その日なら都合がつくのだけどみたいな感じでまずはピンポイントで話を振ってみましょう。

相手が都合がつかない場合はそこから日程調整に入ればいいのです。話題が出て日程を即決めすると脈ありと勘違いさせる可能性が極めて高いので間を開けることが重要なポイントなのです。

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ2:他の人も誘ってみんなで行く

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ2:他の人も誘ってみんなで行く
1対1で食事に行くと脈ありという思われる可能性が高いので他の人も誘ってみんなで行くのが脈ありと勘違いさせない良い方法です。誰か他に人がいると誘いやすいですし、無駄に勘違いさせないのでおすすめです。

最終的に1対1になったとしても他の人も誘ったという事実があるだけで脈ありと勘違いさせる可能性を下げることができます。

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ3:彼氏がいることをほのめかしながら誘う

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ3:彼氏がいることをほのめかしながら誘う
彼氏がいることを伝えつつ食事に誘うというのも脈ありと勘違いさせない良い方法です。例えば、彼氏が出張で暇なんだ一緒に食事でもどう?みたいな感じです。彼氏がいるのに誘われたら脈ありと解説しているサイトもありますが、基本的にはそんな天の邪鬼な人はすくないです。

普段からラブラブアピールをしておけば脈ありと勘違いする人も少なくなりますので合わせて試してみてください。ヤリすぎるとうざがられるので注意してくださいね。

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ4:下見に行きたいから付き合ってほしい

下見という口実を使えば脈ありと勘違いさせる可能性を下げることができます。できれば、同じ組織の忘年会などの下見がいいですが、そういう立場にない場合は、大学のサークルや趣味の団体などでも大丈夫です。

唐突にするのではなく、幹事やらなきゃいけなくて困っている的な話から一緒に見に行ってよという会話の流れに持っていくのが脈ありと勘違いさせないコツです。

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ5:友達が行けなくなったからと誘う

友達がいけなくなってしまったけど、行ってみたい店があってという代打扱いも脈ありと勘違いさせないためには効果的な誘い方です。前もって楽しみにしている感じを伝えておくのも手です。

新しくできたお店に行くの楽しみ的な感じで行っておいて、友達が忙しくなってしばらく行けない的な感じから一緒に行かない?と言った感じで誘いましょう。代役という点も含め脈あり感が薄れます

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ6:仕事の打ち合わせや反省会

勘違いさせずに女性から食事に誘うコツ6:仕事の打ち合わせや反省会
最後は仕事の打ち合わせや反省会で誘いましょう。基本は一緒になにかしている相手でないと無理ですが、前に似たような案件はしている相手に対してアドバイスが欲しいなどで誘う方法もあります。

あくまでも仕事の一環である点を強調することで脈ありと勘違いされる可能性は下がります。ただし、気のある感じで誘うと逆に期待させる可能性があるのであくまでも自然に誘える相手に限って使うようにしましょう。

いかがだったでしょうか?ちょっと話してみたいけど、脈ありと勘違いされたくない場合にぜひ試してみてください