活動する女の子を応援するメディア

告白はLINE!?直接ではなく文字で伝えるメリットと成功の秘訣とは!?

スマホ 女性 真面目な顔

今の時代LINEでの告白が成功することが多くなってきました。昔は直接言わないと誠実ではないやヘタレなんて言われていましたが、最近はLINEの方が良いという男女も多く、メリットも多いため使われることが増えています。

直接ではなくLINEなど文字で伝えるメリットや成功の秘訣などを紹介していきます。

LINEで告白するメリット

LINEで告白するメリット
直接言うよりLINEで告白するメリットとは何があるのでしょうか?

LINEで告白するメリット1:告白しやすい

LINEで告白するメリット1:告白しやすい
LINEで告白する場合直接言うのと違い告白しやすいです。直接伝えるのと違い途中で心が折れて不自然に別の話題にするなど告白自体ができないという状況になりにくいです。

文章を打って送るだけなので一瞬ちょっとだけ勇気を振り絞ることができれば告白できるため直接言うのに比べてLINEはハードルが低く告白しやすいです。

LINEで告白するメリット2:じっくり考えて相手に伝えられる

LINEで告白するメリット2:じっくり考えて相手に伝えられる
LINEで告白する場合伝えたいことを忘れず伝えることができます。直接伝える場合忘れてしまったり、テンパって言い忘れるということが起こります。しかし、LINEで伝える場合はじっくり考え何度も読み直してから告白を送ることができます。

なので、しまった言い忘れたやテンパって言いたいことを言えず、不完全燃焼な告白になってしまうということがなくなる点もLINEのメリットです。緊張しやすく、伝えたいことが上手く言えないなんて人もLINEで告白は有効的です。

LINEで告白するメリット3:成功時は喜びを表しやすく失敗時はダメージが少ない

LINEで告白するメリット3:成功時は喜びを表しやすく失敗時はダメージが少ない
直接告白する場合、本人と顔を合わせてるので成功時もあまり大げさに喜ぶことはできませんし、失敗時も直接断られるのでダメージが大きいです。特に告白に対して露骨に嫌な顔をされてしまったり、罵られてしまった場合はかなりのダメージを負うことになります。

その点LINEで告白する場合、成功してOKをもらいガッツポーズをとっても叫んでも相手に見られることはないですし、履歴に残る形で露骨に罵ってくる人も少なく、相手の顔も見なくて済むのでダメージが軽微になりやすいです。

LINEで告白するメリット4:相手に時間を与えることができる

直接告白した場合、ちょっと考えたい場合でもその場で一度考えたいと言葉で伝える必要があります。しかし、LINEの場合、じっくり考えてから返信することもできますし、ちょっと考えさせても直接に比べると言いやすいです。

自分がしっかり考えたように相手にもしっかり考えて返事をしてもらうことができます。成功時は、あなたの気持ちに真摯に答える文章を出すことができその後うまく行きやすく、断られる場合でもよほどネジ曲がった性格でなければできるだけ傷つけないような文章を選びます。

お互いに時間を掛けて告白し返事できるのがLINE告白のメリットなのです。

LINEで告白するメリット5:自分のタイミングで送ることができる

告白を直接伝える場合相手と約束して時間を合わせる必要があります。LINE告白の場合は自分のタイミングで送ることができるので、慌てる必要もないですし、約束までの間モヤモヤする必要もないです。

思い立った勢いで告白することもできますし、じっくりと考えた上で告白することもできるのがLINE告白のメリットです。

LINEで告白するメリット6:誰かに目撃される心配がない

LINEで告白するメリット6:誰かに目撃される心配がない
直接告白する場合、告白シーンを知り合いに目撃されて後で恥ずかしい目にあう可能性があります。しかし、LINE告白の場合は、目撃されるリスクはないです。

目撃された場合、成功したら次の日には周り皆が知っているということになりかねないですし、失敗した場合次の日にはからかわれるという最悪の結果になる可能性があります。LINE告白であれば誰かに見られるリスクはないです。

LINEで告白するメリット7:失敗しても気まずくなりづらい

直接告白した場合、失敗した際に悲しんでいる顔などを目撃されてしまうことによりその後気まずくなる可能性が高いです。しかし、LINE告白の場合は失敗しても次の日からなかったかのように接することができる可能性が少し高いです。

LINEで告白するメリット8:成功した場合告白を記念に残せる

成功した場合にLINE告白であれば内容を半永久的に保存することができます。黒歴史かもしれませんが、結婚する場合などにLINEを見返して懐かしむことが可能です。

LINEで告白するデメリット

LINEで告白するデメリット
直接言うよりLINEで告白するデメリットとは何があるのでしょうか?

LINEで告白するデメリット1:返事が来る待つのがつらい

LINEで告白するデメリット1:返事が来る待つのがつらい
直接告白した場合保留の場合であってもその場で一旦返事をもらえます。しかし、LINEの場合、なかなか既読が付かなかったり、既読が付いても相手が悩んでいる間反応がなかったりと返事が来るまで時間がかかってしまう可能性もあります。

ただただ、忙しいだけということがほとんどのようですが、告白した側からするとLINEを何度も見て待つことになります。

LINEで告白するデメリット2:ブロックや既読スルーなど返事が来ないことがある

LINEの場合は、既読スルーやブロックなどの手段があるため、LINEで告白した場合反応がなくブロックされたり、スルーされる可能性あります。待つのが辛いどころかいつまで待っても全く反応がないので辛いですよね・・・。

LINEで告白するデメリット3:直接言う根性や勇気がないと思われる

相手が直接告白派であったり、LINEでの告白を良いと思っていない人の場合、勇気がないや根性がない、誠意がないなどと思われてしまう可能性があります。

最近は、LINEで伝えてもOKという風潮ではありますが、LINEじゃなくて直接がいいという人も多くいるので注意が必要です。

LINEで告白するデメリット4:スタンプでごまかされる

よくわからないスタンプでごまかされる可能性もあります。また、NOやダメなどのスタンプ1個で終わらせることもできてしまうのがLINEなので、しっかりと理由などを聞きたい場合はLINEで告白するのはやめる方がいいかもしれないです。

LINEはスタンプなどで流された場合でも理由を聞きだし辛いです。LINEは告白を切り出しやすい分デメリットもあります。

LINEで告白するデメリット5:晒される危険がある

相手が悪意を持っていた場合LINEで告白した場合、そのLINEのメッセージを周りに拡散されたり、このLINEキモくないなどとLINEを見せながら周りに言われる可能性があります。

LINEというのは証拠が残ってしまうものなので、相手に悪意があった場合いくらでも晒し上げられてしまうというリスクもあります。LINE告白を晒されると恥ずかしいので相手をしっかり見極める必要があります

LINEで告白するデメリット6:伝わりづらいこともある

LINEで告白する場合思いが伝わりづらいというデメリットもあります。直接顔を合わせていないため冗談や罰ゲームなのではないかと思われてしまうなど、真剣な思いが伝わらないことがあります。

告白はLINEより直接が良い人の意見

・LINE告白の方が返事をじっくり考えられて良い(20代男性)
・LINE告白の場合、振ってしまって泣かれる場面を見なくて済むから楽(10代男性)
・記録として残すことができて、何度もニヤけられるからLINEが良い(20代女性)

告白は直接よりLINEが良い人の意見

・LINEだと軽いし、真剣さが伝わらない(30代女性)
・勇気を出すならもう少しだしてLINEではなく直接言ってほしい(20代女性)
・LINEではなく、せめて手紙が良い(30代男性)

LINE告白容認派は若い男性の方に多い

LINE告白容認派は若い男性の方に多い
LINE告白否定派は女性が多く、男性が少ないです。特に30歳以下の男性の中ではLINE告白であっても女性から思いを伝えてもらうのは嬉しいという方が多かったです。ただし、年齢を重ねれば重ねるほどLINE告白容認派は減っていくので注意が必要です。

特に40代以上になるとほとんどの男性がLINE告白NGになってしまいます。女性の場合は20代前半まではLINE告白容認派が結構いますが、30代以上は男なら勇気を出して直接伝えろと考えています。

LINEでする告白を成功させる秘訣

LINEでする告白を成功させる秘訣
直接伝える勇気がない、遠距離なので中々会えないなどでLINEで告白を選んだ場合、どういう点に注意すればLINE告白が成功する確率が上がるのでしょうか?せっかく告白するならちょっとでも確率をあげたいですよね?秘訣を調査してきました。

LINEでの告白を成功させる秘訣1:相手の都合に合わせて時間を考える

LINEでの告白を成功させる秘訣1:相手の都合に合わせて時間を考える
まず、一番は相手の都合に合わせて時間を考える点です。仕事中や授業中、塾にいる時にLINE告白が届いても困ってしまいますし、じっくり考える時間もなく後回しになります。自分自身の待つ時間も増えますし、相手もこのタイミングかよと思ってしまう可能性があります。

相手が寝る時間はいつか?どの時間に家に帰ってきて落ち着くのかなどをしっかりと考えてから告白するべきです。告白する前にLINEで「今暇?」などの連絡を入れてみて反応を待ってからの方が良いでしょう。

ただし、メッセージの内容によっては電話されてしまう可能性もあるので文章に注意が必要です。

LINEでの告白を成功させる秘訣2:こまめにLINEをする

LINEでの告白を成功させる秘訣2:こまめにLINEをする
告白する前にこまめにLINEのやりとりをして、大体の相手の都合を確認したり、仲良くなっておく必要があります。1の都合を合わせるのにも便利になりますし、頻繁にやり取りしておけば、距離も縮まるので成功確率をあげることができます。

LINEでの告白を成功させる秘訣3:直接派かLINE派かどっちでもOKか確認する

LINEでの告白を成功させる秘訣3:直接派かLINE派かどっちでもOKか確認する
ある程度仲が良ければそれとなく、LINE告白がありかなしかという話題を振って相手がどう考えているか確認しておけばよいです。LINE告白なんて無理と言われた場合は潔く直接告白しましょう。

LINEでの告白を成功させる秘訣4:自分の意志を伝える

LINEでの告白を成功させる秘訣4:自分の意志を伝える
LINE告白の場合意思が伝わりづらいというデメリットがあります。「好きです。」だけ送るなどの場合相手が困ってしまう可能性があります。自分がどうしたいのかしっかりといいましょう。「好きです付き合ってください」は最低限必要です。

LINEでの告白を成功させる秘訣5:本気度をアピールする

LINEでの告白を成功させる秘訣5:本気度をアピールする
LINE告白の場合、本気度が伝わりづらいので本気度をアピールする必要があります。どこが好きなのかいつから好きなのかなどしっかりと文章を作り込んでから送るべきです。

短文で送ってしまうと相手に本気度が伝わらず、罰ゲームやなんとなく告白したと思われかねないので、しっかりと相手に伝わるように頑張って告白しましょう。

今の時代はLINE告白でもOK派が増えている!?

今の時代はLINE告白でもOK派が増えている!?
昔に比べてLINEというツールが若い人を中心に真面目な話もOKという文化ができつつあります。10~20代の場合はLINE告白OKでという人も増えており、これから徐々に増えていくと考えられます。数年後の未来にはLINE告白が当たり前なんて時代が来るかもしれないです。

【関連記事】
実は一発アウト?LINEアイコンだけで男性にモテるモテないが分かれる!?
LINEのステータスメッセージを甘く見るな?たった一言で男にモテる!?