活動する女の子を応援するメディア

気持ち悪い男に付きまとわれた時ストーカーになられないための対処方法

ストーカー 犯罪

気持ち悪い男が近寄ってくるなんとかしたい・・・。そんな時ってありますよね。生理的に受け付けない男に限ってなぜか寄ってきてしまいます。のらりくらりとかわしていたらストーカーになっていたなんて最悪の事態も・・・。そこで気持ち悪い男に付きまとわれた時の対策をご紹介致します。

気持ち悪い男に付きまとわれたらどうすればよい?

気持ち悪い男に付きまとわれたらどうすればよい?
気持ち悪い男に付きまとわれた際に対応を誤るとストーカーになってしまうなどトラブルになってしまいますよね。気持ち悪い男に付きまとわれた場合の対応方法をご紹介致します。

気持ち悪い男を避ける対処法1:それとなく嫌であることを伝える

気持ち悪い男を避ける対処法1:それとなく嫌であることを伝える
気持ち悪い男に付きまとわれた際まずはそれとなく嫌だと伝えましょう。忙しいや興味がないなどで構わないのでとにかく誘われたり、声をかけられても相手できない旨を伝えます。普通の人であれば、嫌と伝えた時点で察して離れていくはずです。

離れていってくれれば問題ないですし、それとなくいやであることを伝えるだけで他に対策を取る必要はないです。

気持ち悪い男を避ける対処法2:証拠を残す

気持ち悪い男を避ける対処法2:証拠を残す
それとなく嫌であることを伝えても気持ち悪い男に付きまとわれる場合は証拠を残しましょう。ボイスレコーダーがあれば録音するべきですし、最近はスマホでも録音機能がついていたり、ついていなくてもアプリを落とすことで録音することができます。

録音機能やアプリがわからない場合は、カメラを起動させて動画を撮影して、ポケットにでも入れておけば音声を取ることができます。また、手紙やLINE、メールなどを受け取った場合は気持ち悪いと捨てたり消したりせず残しておくようにしましょう。LINEは画面キャプチャーも撮っておくと良いです。

気持ち悪い男を避ける対処法3:周りに助けを求める

気持ち悪い男を避ける対処法3:周りに助けを求める
証拠を残す段取りが組めれば、周りに助けを求めましょう。気持ち悪い男に付きまとわれているから助けてほしいや嫌なのに寄ってくるから離れられるように協力してほしいといったものでいいのでできる限り二人きりにならないように周りに助けてもらいましょう。

この時に、気持ち悪い男と学校や職場などが一緒な場合は上の人に相談しておきましょう。場合によっては対応を取ってくれます。

気持ち悪い男を避ける対処法4:一緒にならないようになるべく避ける

気持ち悪い男を避ける対処法4:一緒にならないようになるべく避ける
周りの協力が得れる状態になれば気持ち悪い男とできる限り一緒にならないように避けるようにしましょう。仕事や学校の授業などは仕方がありませんが、サークル活動や仕事帰りの飲み会などは気持ち悪い男がくるなら行かないなどの対策を取ってできる限り離れるようにしましょう。

気持ち悪い男を避ける対処法5:ストレートに嫌であることを伝える

気持ち悪い男を避ける対処法5:ストレートに嫌であることを伝える
ここまでの対策を取っても気持ち悪い男が近寄ってきたり、待ち伏せされたり、しつこく連絡が来る場合はストレートに嫌であることを伝えましょう。暴力に訴えられても困るので他の男性と一緒であるほうがよいです。

気持ち悪い男を避ける対処法6:警察に相談する

気持ち悪い男を避ける対処法6:警察に相談する
ストレートに嫌であると伝えても気持ち悪い男が近づいてくる場合は一度警察に相談しましょう。警察に相談する際はしっかりと証拠を持っていきましょう。最近は減っていますが、民事不介入やそのくらいでは動けないと言われる場合もあります。

もしも、そのような対応をされた場合は相手の名前と所属をしっかり聞いた上で別の警察署や交番などを再度訪ねてみてください。相手に警察に相談している旨伝えると止まる場合もあります。

気持ち悪い男を避ける対処法7:弁護士に相談する

気持ち悪い男を避ける対処法7:弁護士に相談する
警察に相談しても相手にされない場合や動きが鈍いなど気持ち悪い男が近づいてくる場合は弁護士に相談してみることをおすすめします。お金がない場合は法テラスで無料相談なども行っているので法テラスを利用しましょう。

気持ち悪い男を避ける対処をしている際に気をつけるべきこと

気持ち悪い男を避ける対処をしている際に気をつけるべきこと
気持ち悪い男の対処方法の他に気をつけておくべきことは何があるのでしょうか?気持ち悪い男に襲われるなどのリスクをちょっとでも減らすために準備をしておくことは非常に大切です。ちょっとでも気持ち悪い男のリスクを減らすことに役立てていただければと思います。

何かあったら110番できるように携帯に登録しておく

何かあったら110番できるように携帯に登録しておく
気持ち悪い男性に付きまとわれている際は何か合った時の為にすぐに110番できるように110番を電話帳に登録しておきましょう。スマホ次第ではロック画面に110番通報のボタンがあるものもありますので110番通報ボタン付スマホを導入するのも良いのではないでしょうか?

気持ち悪い男にトラブルがあった場合、警察に通報できやす状況を作っておくべきです。また、前述のように警察に相談しておけば、記録があり、電話したらすぐに状況が把握できるようになることもあります。

近所に住んでいる知り合いに何かあったら助けてほしいと予め伝えておく

近所に住んでいる知り合いに何かあったら助けてほしいと予め伝えておく
気持ち悪い男とトラブルになった際中々来なくて困ってしまうことも有ると思います。実際問題ニュースなどでも警察に助けてもらえず亡くなってしまった人もいますよね。警察が助けてくれないという時の為に、助けてくれる人を用意しておくべきです。

できれば何か合った時に対応できるようにガタイの良い男性が良いのではないかと思います。また、なるべく家から近い人、職場から近い人などを複数人ずつ頼んでおくべきです。

知り合いに頼む場合は、24時間対応してもらうわけに行かないので何人か用意しておくほうが良いです。次の項目で説明しますが、お金に余裕があるのであれば、警備会社などに依頼するのも一つの手です。

戸締まりやセキュリティーをしっかりする

戸締まりやセキュリティーをしっかりする
気持ち悪い男に付きまとわれた時は戸締まりをしっかりしましょう。また、お金に余裕が有るようであれば、セコムやALSOKなどの警備会社に依頼するのも手です。寝ている時や不在時に侵入された場合でもすぐに警備員が飛んできてくれます。

また、最近は別途契約しておけば外でも緊急ボタンを押すと近くの営業所から警備員が来てくれます。編集部のスタッフにSECOMを契約している人がいますが、いつも大体5~10分くらいで来てくれるそうです(営業所との位置関係や出動状況によりかわります)。

気持ち悪い男とのトラブル時に警備員がすぐに駆けつけてくれるとすごく頼りになりますし、知り合いと違い24時間365日対応してもらえるので非常に有効的です。一人暮らし向けのマンション場合は月6000円程度で自宅と自分を守ってもらえます(詳細は各警備会社にお問い合わせください)。

SECOM ホームセキュリティー

人気のない場所や夜中に1人で出歩かない

人気のない場所や夜中に1人で出歩かない
気持ち悪い男に付きまとわれている場合は何が起こるかわからないので人気のない場所や夜中に一人での外出は避けるべきです。一人で襲われた場合、格闘技経験者でもない限り力ずくで襲われると勝てない可能性が高いです。

できる限り周りに人がいる場所を歩くようにしましょう。人通りが殆ど無い夜道を歩くなどはもってのほかです。

いかがだったでしょうか?気持ち悪い男に付きまとわれたら被害にあう前に対策を打ってみてください。